フィンペシアの副作用を事前に把握【安心服用の秘訣】

笑顔の男の人

AGA改善薬

2人の男性

有効成分フィナステリド

AGAとは男性型脱毛症のことで、特に成人男性で見られる薄毛の症状です。頭頂部や生え際が薄くなることが特徴で、遺伝や男性ホルモンが影響すると言われています。このAGAに対する治療薬は、一般的にはプロペシアが広く知られています。また、安価に手に入る薬としてはフィンペシアが知られるようになってきました。どちらの薬も、主な成分はフィナステリドです。発毛を阻害する男性ホルモンの発生を抑えるため、AGAに効果を発揮します。しかし、副作用があるということも有名な話です。副作用としては、性欲減退や勃起不全、肝機能障害などが挙げられます。万が一副作用が出てしまったとしても服用をやめれば改善されますが、子づくりを考えている人は影響が出る可能性がありますので注意が必要になります。

各段に安く手に入る薬

フィンペシアは、プロペシアと同様のAGAに効果を発揮するフィナステリドが配合されています。どちらも同じ主成分ですので、副作用の症状も同様と言えます。プロペシアはアメリカで高額な開発費を投じて作られた薬であり、日本でも認可されているものです。値段は高いですが、日本で認可されている方が安心できるという人も多いでしょう。それに対して、フィンペシアは医薬品特許条約に非加盟のインドで作られた薬で、日本では未認可となっています。そのため値段が格段に安く、個人輸入で手に入れる人が増えています。AGA治療薬は長期的に使用しないと効果を実感できないため、当然お金がかかるものです。プロペシアと同じ有効成分で安く済むのであればフィンペシアのほうが良いだろう、と考える人が多いわけです。しかし、未認可の海外製品は信用できないという人もいるようで、使うかどうかの判断は人それぞれと言えます。